〒843-0301佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙806番地1 TEL:0954-43-0001/FAX:0954-43-0002

佐賀清酒「虎之児」|井手酒造有限会社

佐賀清酒「虎之児」|井手酒造有限会社

ログイン

現在のカゴの中

井手酒造のブログ

職人紹介

嬉野市という地で「井手酒造」の地酒造りに携わってきたスタッフをご紹介します

嬉野市にある「井手酒造」で杜氏 (とうじ : 酒造りに従事する蔵人達をまとめる最高責任者) を務めている古賀次夫杜氏 (現杜氏顧問) は父親の後を継いで以来、酒造りの修業積み重ね50年もの歳月を経て培った経験と感覚で「井手酒造」の味を守り続けてきました。
本ページでは、そんな古賀次夫杜氏の酒造りに対する思いと古賀次夫杜氏を[親父さん]という愛称で慕い、ともに「井手酒造」の地酒製造に携わってきた製造スタッフをご紹介致します。

古賀次夫 杜氏顧問

古賀 次夫 / 杜氏顧問
酒は酒造りに従事する蔵人たちによって造られます、その蔵人達の最高責任者を杜氏 (とうじ) 云い、 今でもその組織の中で親父 (おやじ) さんなどの愛称で呼ばれています。

古賀次夫杜氏 (現杜氏顧問) は父親の後を継ぎ、酒造りの修業を積み重ね当社の杜氏に就任、 その50年の歳月に培われた経験、感、技はコンピューターに優るまさに人間感ピューターである。
その年の米を吟味し、気温の変化に気を配り生きものの酒を造る時の緊張感は、 冷えきった冬の酒蔵を真夜中でも醪 (もろみ) の発酵具合を何回も見て廻るなど相当なものである。
育てあげる酒にそそぐ情熱を強く感じます。
満足する酒が出来た時の喜びは格別です・・・と

これからも寝食を共にする蔵人達と「和の心」を大切に、人の手が造り上げるおいしい日本酒を造り続けたいと語る親父さんである。
  staff_photo01

親父さんを支える製造スタッフ

RSCN1035
山口文男 / 新杜氏
古賀杜氏のもとで45年間寝食を共にしながら受け継いだ技を身につけ仲間の蔵人達と和の心を重んじ手造りの旨い酒造りに励む新杜氏です。

RSCN1034
井上新
麹造りの担当責任者です。

RSCN1032
吉牟田敏光
酒母造りの担当責任者です。

RSCN1033
田中 宏
まだ入社したてで、これからが楽しみなスタッフです。

泉都の銘酒「虎之児」   井出酒造へのアクセスはこちら
お問い合わせ

Copyright (C) IDE SYUZOU. All Rights Reserved.