〒843-0301佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙806番地1 TEL:0954-43-0001/FAX:0954-43-0002

佐賀清酒「虎之児」|井手酒造有限会社

佐賀清酒「虎之児」|井手酒造有限会社

ログイン

現在のカゴの中

井手酒造のブログ

1868年 佐賀県嬉野市にて酒造りを始める

井手又次郎氏井手興四太郎氏 「虎は我が児を思う情けが非常に深い,その虎の児のように情けをかけ長く愛飲してもらいたい。そして千里を走る虎のように、その名が広く響き渡るように」との願いを込めて「虎之児」と創業者である井手與四太郎が名付けたという。1868年明治元年 井手酒造は創業された。 

與四太郎は製茶の研究や海外輸出等に専念する傍ら,嬉野川の清水を利用して酒造業を始めました。

 

 

二代目井手又次郎は、明治2年(1869年)に創業者與四太郎の次男として生まれ、親戚に養子に行くが、

父與四太郎が明治28年(1894年)に54歳で

跡取りの兄 熊一郎が明治30年(1896年)に32歳で相次いで亡くなったために、その後実家に戻り酒造業をつぐこととなる。

 

 

又次郎30歳前のことである。

 

 

又治郎は酒造に経験が乏しかったために、幾度か失敗をし、大きな損失をこうむったが,精進怠りなく

 

「一層家業に熱心せし為め 無事家業を持続し 現代の氏に継承せしむることを得たり」

 

その結果、又次郎が50歳頃の大正後期には、軍港として

一挙に都市化した佐世保を大消費地に考え、販売の店を構えることとなる。

 

又次郎は本業の酒造のみならず、

嬉野温泉株式会社の取締役社長に就任していた。

 

彼は終始一貫郷土の為を思い働き嬉野では第一の実業家であった。

 

昭和23年(1948年)80歳で亡くなった。

 

三代目は、與四七郎は、慶應大学卒業後、銀行に勤務したが、家業を継ぐため嬉野へ帰る。

 

昭和10年(1935年)妻光枝

と子供4人を残して36歳の若さで他界。

 

その後、妻光枝は又次郎に仕え家業に勤しむ。

 

與四七郎の長男鐵太郎は、九州大学卒業後、銀行勤務。

 

昭和42年頃嬉野へ帰郷。家業には携わらず、妻洋子が家業に従事することとなる。

 

昭和47年 光枝69歳 他界するも長男鐵太郎は、

銀行勤務を続け家業は妻洋子が継ぐ事となり

現在に至る。

 

 

井手酒造の歴史

○×○×年 歴史の歩みのタイトル

三代目は、與四七郎は、慶應大学卒業後、銀行に勤務したが、家業を継ぐため嬉野へ帰る。昭和10年(1935年)妻光枝と子供4人を残して36歳の若さで他界。

 

○×○×年 歴史の歩みのタイトル興四七郎氏
井手酒造の歴史

○×○×年 歴史の歩みのタイトル

光枝様Ⅱ 。その後、妻光枝は又次郎に仕え家業に勤しむ。

與四七郎の長男鐵太郎は、九州大学卒業後、銀行勤務。

井手酒造の歴史

○×○×年 歴史の歩みのタイトル

昭和42年頃嬉野へ帰郷。家業には携わらず、妻洋子が家業に従事することとなる。昭和47年 光枝69歳 他界するも長男鐵太郎は、

銀行勤務を続け家業は妻洋子が継ぐ事となり

現在に至る。

president○×○×年 歴史の歩みのタイトル
井手酒造の歴史

2003年 JAXA『はやぶさ』の性能計算書(飛翔実験計画書)の表紙として使用される

○×○×年 歴史の歩みのタイトル 説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。
井手酒造の歴史
現在に至る
泉都の銘酒「虎之児」   井出酒造へのアクセスはこちら
お問い合わせ

Copyright (C) IDE SYUZOU. All Rights Reserved.